送り盆

おはようございます。ワンド作家nicoです。

今日は、一般的にお盆の終わりと言われている日になりますね。

お墓参りをされた方もいらっしゃったことと思います。

おさらい記事になりますが、

お盆やお墓参りについての記事を

「見つけられなかった」 とメッセージを下さった方がおられたので、

もう一度載せます。

遅くなってごめんなさい。

参考にして頂けたらと思います。

ひだまりのワンド blog

~お盆の過ごし方(お墓参り)~

お墓参りをする際、心を込めて墓石や墓石の周りをお掃除します。

お供えものやお花をそのままにして帰られる方もいらっしゃると思いますが

こちらはお参りが終わったら持ち帰るか墓地のゴミ捨て場に持っていく方が良いです。

お寺の方にお掃除を頼まれている場合はその限りではありませんが、

出来る限り、残さず帰る方がいいでしょう。

帰るときはご先祖様にご挨拶をして姿勢を正して帰ります。

お供えものをそのままにしない現実的な理由としては、

カラスなど野鳥に荒らされないようにするためと、

未浄化霊の方々が食べ物やお花につられて集まってくることを防ぐためです。

お仏壇にお供えする場合も同様です。

お仏壇があるお宅はお仏壇を綺麗に掃除して、

お供えをしたらすぐに皆で食べてしまって下さいね。

10分も置けばOKです。(長くても15分でしょうか)

ずっと置いておくのはNGです。

なぜなら、先述のように

この時期は浮遊霊や未浄化霊の行き交いも活発になってくるので、

ずっと置いておくと、この世に執着がある霊の方々が居座ってしまうことがあるためです。

お盆の心霊ムードは、私たち日本人が伝統的に作り出したものです。

だから霊界にもそれが引き継がれているのだなあと感じます。

「こういうものだ」と集合意識が信じていることなのですね。

だからこれもひとつの文化と言うことができますね^^

なかなか興味深いことです。

追記として、

少し前から霊現象は減ってきていることを感じていたのですが、

最近そうでもないみたいです。

ちょっと戻った感じがしています。

理由を追いかけることはしていませんが、

直線や放物線のように変化していっていると思っていたのが

そうではなく、

折れ線グラフのように変化していっているものなのだなと感じています。

話戻って、

ご先祖様への愛や感謝を表現する方法として、

亡くなったご先祖さまのことをしのんで、本人が好物だったものを

家族の皆で食べ、思い出話をすると喜んで下さるようです。

お墓参りのあとに皆で集まって会食をするというのは素敵な行事だと思います。

実家に帰られない単身の方々は、亡くなった身内の方を思って

その方が好きだったものを1人で作って食べるのはいかがでしょうか。

お墓参りに行けない方は、心の中で愛と感謝を伝えて下さい。

これはお盆に限らず、伝えることが出来ます。

お墓は生きている私たちと故人が繋がりを信じことが出来る記念碑なのです。

nicoはお盆の時期をずらしてお墓参りをする予定です。

星ひだまりのワンド nicoの講座 星

アルケミープロテクション講座
 随時開催しております。


時間は3時間ほどみておいてください。

※事前ワーク + 伝授 + 講座 となっております。



※この講座はスカイプにて受講頂けます。
↓ご感想や講座の様子など詳細については、こちらの記事をご覧ください。↓


お申し込みはこちら  メモ講座お申込みフォーム メモ 

ワンドやセッション、講座について
各種お申し込み、お問い合わせはHPをご覧いただくか、
info☆2525happy.comまでご連絡下さいませ。
(☆を@に変えて下さい)

もしくは、アメブロのメッセージからも受付けております♪
(※返信が遅れていて申し訳ありません。3日以内を目標にお返事しております。)


今日はPCを立ち上げるのをお休みにしますm(_ _ )m

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ    ひだまりのワンド blog   いつもありがとうございます☆

にほんブログ村

ランキングに参加しています。

nicoにこちゃん香公山にこ


この記事の著者

nicoクリスタルワンド作家

これまでヒーリングセラピストや占星術師、スピリチュアルに造詣の深い人々に対して全てオーダーメイドにより、プロユースのクリスタルワンドを手掛けてきた作家。クリスタルの産地やグレードを見分ける知識と技術を持ち、個々の石が持つ性質とメッセージを聞き分ける能力により、セラピストからの支持も厚い。木に関しては「よい木」であることはもちろん、絶妙な水分量と乾燥具合を見極め、エッセンシャルオイルをそれぞれ調合して、全て手作業でひとつひとつを作り上げている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る