おかあさんありがとう。

おはようございます。ワンド作家nicoです。

久しぶりに 『不思議・思い出日記』  です。

nicoは子どもの頃、不思議なことがあるたび母に報告していました。

怖い思いをしたこともあります。

不可解な現象もありました。

もう一度…と思う素敵なこともありました。

報告をするたび、母は冷静でした。

『そっかー、怖かったね。でも、分かるように言ってくれないと。』

どれほど怖かったか、どれほど面白かったか

nicoの感覚的な表現で伝えてもよく分からないというのです。

そのたび、

「冷たいなあ」

「分かってくれない」

という思いで悲しくなっていました。

この怒りを含んだ悲しみは正直に書くと、最近まで続いていました。

(父は父で自分が不思議体験をしても茶化すような人でした。

話しても笑い話にもっていかれるという…;)

祖母はとてもスピリチュアルな人で、不思議体験は数知れず。

そして大いなる自然への感謝、神様への感謝を

いつも忘れないようにと教えてくれていた人でもあります。

そんなおばあちゃんの姿をずっと見てきているのに関わらず、

母のこのあっさり具合はどうしたものかと理解に苦しむほどでした。

けれど、ある日ふと気付きました。

それもつい最近のことです。

母は、「現実的に生きることの大切さ」を教えてくれたんだなと…。

もし、nicoが不思議なことを報告するたび

必要以上に驚いたり、喜んだり、特別視しようとされていたら

もっともっと感心されようと、nicoは作り話をする子になっていたかもしれません。

そして、自分に手に負えないものにも近づいて危険な目に遭っていたかもしれません。

もしや母から自分は否定されているのでは…?という気持ちでいましたが、

それは全くの被害妄想で思い返せば一度も否定されていなかったのです。

働き者の母に対するさみしさはあったけれど、

今思えば自由にさせてくれ個性を尊重してくれていました。

それはnicoという存在をありのまま信じてくれていたからだと思うのです。

今、現実世界の素晴らしさを実感しています。

それに気付いたとき、

母に対して自然と「ありがとう」の気持ちが溢れてきました。

(父に対しては茶化してくれて最高と思います。今は^^)

nicoも自分自身の経験と感覚を否定しません。

ずっと目に見えない存在や世界を肯定しています。

目に見えるもの、視えないもの、得意な分野をそれぞれ担当する人が居ます。

その分野に忠実に、また同じ姿勢で取り組む人それぞれに敬意を払いつつ、

nico自身はずっと現実的な感覚を忘れないようにしたいと思っています。

ですからnicoは、「作り手でありセラピスト」ですし、

セラピストである前に「作り手」です。

これはnicoにとってとても大切なアイデンティティです。

ひだまりのワンド blog

このことを思い出させてくれた出来事に感謝しています。

星ひだまりのワンド nicoの講座 星

アルケミープロテクション講座  随時開催しております。

【対面講座・確定日】

(前) 10月8日 (土)19:30~ 

       &

(後) 10月11日(火)10:00~

この回は、変則的に前後2回に渡って行います。


時間は3時間ほどみておいてください。

※事前ワーク + 伝授 + 講座 となっております。



※この講座はスカイプにて受講頂けます。 
↓ご感想や講座の様子など詳細については、こちらの記事をご覧ください。↓


お申し込みはこちら  メモ講座お申込みフォーム メモ 

ワンドやセッション、講座について
各種お申し込み、お問い合わせはHPをご覧いただくか、
info☆2525happy.comまでご連絡下さいませ。
(☆を@に変えて下さい)

もしくは、アメブロのメッセージからも受付けております♪
(※返信が遅れていて申し訳ありません。3日以内を目標にお返事しております。)

9月さん、ありがとうございました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ    ひだまりのワンド blog   いつもありがとうございます☆

にほんブログ村

ランキングに参加しています。

nicoにこちゃん香公山にこ

この記事の著者

nicoクリスタルワンド作家

これまでヒーリングセラピストや占星術師、スピリチュアルに造詣の深い人々に対して全てオーダーメイドにより、プロユースのクリスタルワンドを手掛けてきた作家。クリスタルの産地やグレードを見分ける知識と技術を持ち、個々の石が持つ性質とメッセージを聞き分ける能力により、セラピストからの支持も厚い。木に関しては「よい木」であることはもちろん、絶妙な水分量と乾燥具合を見極め、エッセンシャルオイルをそれぞれ調合して、全て手作業でひとつひとつを作り上げている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る