イソップ童話に学ぶ

時々、子供のころに読んだ童話を引っ張り出してくることがあります。

グリム童話にアンデルセン、宮沢賢治、そしてイソップ童話…。

ひだまりのワンド blog

このイソップ童話には特に、教訓や格言が織り込まれています。

【キツネと葡萄】という話を知っていますか?

イソップ童話にはよくキツネが出てきますが、この話は特に有名ですね^^

内容は、

お腹を空かせたキツネがたわわに実った美味しそうな葡萄の木を見つけます。

キツネは食べようとしてジャンプを繰り返しますが、高くて届きません。


何度ジャンプをしても届かないので、最終的にキツネは、怒りと悔しさから


「どうせこんな葡萄は、すっぱくてまずいだろう。誰が食べてやるものか。」


と捨て台詞を言って立ち去ります。

この童話は、別名【すっぱい葡萄】というタイトルが付けられている場合もあります。

英語で「Sour Grapes サワーグレープ=すっぱい葡萄」は、

『負け惜しみ』を意味する言葉でもあることから、大変興味深いですね。

この話は、

手に入れたくてたまらないのに、

自分の力ではどうすることも出来ない対象があった場合、その対象を、

価値がないものや、低級で自分にふさわしくないものとみなして、心の平安を得る。


ことの例えです。

人間関係のみならず、物や地位、ポジションなどに対しても身近に見られる内容です。

これを、フロイト心理学では、「防衛機制」や「合理化」と呼びます。

こんな風に、童話の中には普段の立ちふるまいを省みさせてくれるような話があるんです。

このキツネは一見、他のせいにして問題から目を反らしているようにも見えますが、

別の視点で見ると、ポジティブで前向きとも言えるのではないでしょうか^^?

ただ、自分の気持ち&心の動きに気付いた上で、前向きに考えることと、

他のせいにしたまま気付かずに前向きに振る舞うのとでは違ってきますよね。

色々な視点で考えながら読むと、短い話にも膨らみが出てきます。

童話は大人が読んでもためになる話がいっぱいです!

ぜひぜひおすすめしたいと思います!

星ひだまりのワンド nicoの講座 星



アルケミープロテクション講座 随時開催しております。


【開催決定日】

 

・12月13日(月)13:30~ (残席4名さま) 

※日程が合わない方は他のご希望日を第3希望までお知らせください。


1名様から開催しております。 



毎回定員5名さま。

時間は3時間~3時間半です。



受講料金8万円。

※事前ワーク + 伝授 + 講座 となっております。


※遠隔受講の方はスカイプにて受講頂けます。



↓ご感想や講座の様子など詳細については、こちらの記事をご覧ください。↓


blogテーマ【アルケミープロテクション】関連記事



ワンドやセッション、講座について

各種お申し込み、お問い合わせはHPをご覧いただくか、

info☆2525happy.comまでご連絡下さいませ。

(☆を@に変えて下さい)


もしくは、アメブロのメッセージからも受付けております♪

(※返信が遅れていて申し訳ありません。3日以内を目標にお返事しております。)


クローバーひだまりのワンド クローバー



11月も今日でおしまいですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ やじるし2クリックお願いします☆
にほんブログ村

nicoにこちゃん香公山にこ


この記事の著者

nicoクリスタルワンド作家

これまでヒーリングセラピストや占星術師、スピリチュアルに造詣の深い人々に対して全てオーダーメイドにより、プロユースのクリスタルワンドを手掛けてきた作家。クリスタルの産地やグレードを見分ける知識と技術を持ち、個々の石が持つ性質とメッセージを聞き分ける能力により、セラピストからの支持も厚い。木に関しては「よい木」であることはもちろん、絶妙な水分量と乾燥具合を見極め、エッセンシャルオイルをそれぞれ調合して、全て手作業でひとつひとつを作り上げている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る